住みやすい賃貸住宅を選んで快適ライフを実現!

良い物件を見抜くための心得

生活の基盤となるのが、住まいです。お金の問題も大きく関わってきますので、衣食住の中でもとくに重要なテーマとなるでしょう。少しでも住宅環境の良い物件を選んで慎重に決めていくようにしたいものです。物件は、購入か賃貸かで迷うことになりますが、比較的敷居が低いのが賃貸です。それでも敷金や礼金などイニシャルコストはかかってきますので、簡単に解約することは難しいです。今回はそんな賃貸住宅についての有益な情報を調べていきます。

賃貸住宅を探す方法ランキング

no.1

インターネット

不動産サイトやアプリなどを使えば、短時間で効率的に調べることができるため、人気が広がっています。インターネットができる環境であれば、好きな時間や場所で調べ物ができますし、お金もかかりませんので、気軽なリサーチ方法だといえるでしょう。

no.2

不動産会社へ訪問

数多くの賃貸物件を仲介する不動産会社へ行って直接調べる方法も定番です。インターネットで調べても、結局は不動産会社へ行くことになりますので、最初からお気に入りのところで見つけるという人も大勢います。

no.3

広告

街で偶然見かけた賃貸情報のチラシやポスターをきっかけにして見つけることも多いです。また新聞折込チラシやフリーペーパーなどで調べる人も少なくありません。紙媒体は昔からあるものなので年配層には馴染みがあるという意見が目立ちます。

情報をゲット!

少しでも条件の良い物件を探したいのであれば、とにかく賃貸情報をつぶさにチェックしていきましょう。たくさんの賃貸住宅情報をインプットすることで、物件を見る目が養われます。

世代別に支持される賃貸物件を比較

20代

独身が多い20代は、ワンルームなどコンパクトでリーズナブルな部屋を好む傾向があります。また、繁華街の近くなど立地にこだわって探す人も多いです。

30代

30代になると結婚、出産をきっかけにしてファミリータイプを探すケースが増えてきます。立地としては郊外など落ち着いた環境が支持されています。

[PR]
新宿でシェアハウスを利用!
まずはサイトをClick!

より良い賃貸住宅を探すヒミツを徹底リサーチ

条件を明確にしよう

住まい選びで肝心になるのが、条件です。住む人のライフスタイルや趣味嗜好、収入などによってベストな物件は変わってきます。例えば関西大学に通う学生であれば、学生向け賃貸マンションなどが人気です。家具や家電などレンタルできるサービスを併用することで、初期費用をグッと抑えることもできますので、ユーザーが増えているようです。ほかにも、ペットを飼いたい、収納スペースを確保したい、陽当たりを最優先にしたいなど、個人によって大事な条件は異なってきます。まずは譲れない条件を2、3挙げておくと探しやすいです。

環境を考える

室内設備など建物自体の条件にこだわることも大切ですが、立地に関しても大きなポイントになります。人口が密集する利便性の高いエリアは都会派の人にとっては暮らしやすいですが、家賃も高額になります。自然があって静かに暮らせる郊外エリアであれば、利便性は低くなりますが家賃は安くなります。都心と郊外の間にある立川のような中間のエリアであれば、両方の要望をバランスよく叶えることもできるでしょう。いずにせよ立地で環境がかなり変わりますので、事前に現地に行って様子を確かめてみるようにしたいものです。

[PR]
一人暮らしの生活費は学生では払えない?
若者にやさしい不動産会社★

家選びで大切なテーマ・4選

住みやすさ

ライフスタイルを尊重した上で便利な好立地にあるところを選びましょう。またストレスなく暮らすためには、近隣の環境もチェックしておくべきです。

費用

不動産会社によって提示される費用は変わってきます。事前に不動産サイトや比較サイトなどを利用して相場をチェックしておくと参考になるでしょう。

安全性

耐震性、防音性、防火性などをしっかりとチェックします。建物の構造が頑丈で、安全に暮していける物件かどうかを見極めることが重要です。

信頼性

物件を仲介してもらう不動産会社や管理会社を選ぶことも大きな問題となります。信頼できる会社であれば、良好な関係を築けますし、長く安心して快適に暮らせるはずです。

[PR]
大阪で単身赴任するなら必見!
優良物件の情報を厳選リサーチ!

[PR]
渋谷にある賃貸不動産会社を紹介
サービスの特徴が手軽にcheck♪

賃貸住宅の申し込み

広告募集中